ご挨拶

 きたかしわ幼稚園は、昭和45年4月に開園し、これまで、地域の皆様から多大なご理解とご支援を賜り、幼児教育機関として認知していただいております。 本園では、幼児期に人格の基礎が形成されると認識し、幼稚園教育を通して「心身ともに健康で、主体性のある子どもの育成」を大事に考えています。 「自分で考え、自分から進んで行動できる子」を育てるために、一人一人の個性を大切にしながら、 子どもの成長の適時性を考え、その基本的な芽生えが助長できるように取り組んでいます。

 一方、子ども達は初めて経験する集団生活の中で、同年齢・異年齢の子ども達や先生方とのかかわりを通して、 自我、情緒を発達させ、生きるための生活習慣、思いやり、豊かな言葉、自主性、社会性、協調性、忍耐等を学び、身につけていきます。そのために、 実態に即した教育全体計画を基にカリキュラムの編成、 教育環境の整備・充実に努めるとともに、幼稚園とご家庭が相互に連携を保ちながら、子ども一人一人が成長しようとする心のサポートを何よりも大切にしております。

 今後とも、子ども達の将来にわたる人間形成の土台を培い、しっかりとした大地をつくりあげること、 すなわち、「生きる力」の基礎づくりに力を注ぎ、地域・保護者の皆様の期待に応えるべく努力をしていく所存です。

園長  玉川 博

教育目標

心身ともに健康で 主体性のある子どもの育成
~「生きる力」の基礎づくりを目指して~

 【目指す園児像】 【目指す具体像】 
   
・明るく元気な子 ~元気に遊べる子
~きまりを守る子
~がまん強い子 
   
・思いやりのある子 ~あいさつができる子
~友達となかよくできる子
~助け合える子
   
・意欲的に取り組む子 ~話がよく聞ける子
~思ったことを表現できる子
~進んで関われる子 

『生きる力』の基礎とは・・・

【心情】~物的・人的環境に積極的に働きかける興味、関心
【意欲】~「やってみたい」と思う心の方向性
【態度】~友達や物事への能動的な関わり

教育方針

(1)  一人一人の個性を重視した教育の推進

建学の精神である「子ども一人一人の個性を大切に」をもとに、個に即した教育を推進します。子どもに寄り添って個性を見出し、伸びるように援助していきます。

(2)  明るく元気で思いやりのある子どもの育成

心身ともに健康で、何事にも好奇心をもって意欲的に取り組む子どもの育成に努めます。子ども達の園生活が伸び伸びと安全かつ快適に過ごせるように、教育環境の整備・充実を図っています。

(3)  子どもの実態に即したカリキュラムの編成と実施

子どもの創造性と豊かな心を育む創意あるカリキュラムを編成し、実施に努めます。これを基に、子どもの生活実態と心身の発達特性に応じた指導計画を立案し、「生きる力」の基礎づくりを目指します。

教育実践にあたって

教育目標の具現化のために、子ども一人一人の個性を大切に「生きる力」の基礎づくりを目指し、個に即した教育を推進していきます。そこで、

① よい言動を積極的に称賛し、明るく意欲をもって行動できる子どもを育成する。
② 遊びの環境を整え、健康な心と身体を育てる。
③ 集団生活を通して、きまりを守り、けじめのある子どもを育てる。
④ 「聞く」「伝える」を重視し、コミュニケーション能力を高める。
⑤ 友達となかよく遊び、思いやりのある優しい心を育てる。
⑥ 園生活のいろいろな場面で、積極的に人と関われるようにする。
⑦ 何事にも自分から積極的に取り組む態度を育成し、学びの基礎づくりをする。
⑧ 幼稚園と保護者との連携

一日の流れ

8:30~ ・登園(保護者の送り 8:30~9:00)、園バス児は順次登園
・朝の自由遊び(学年、クラス、等の計画により)
   
9:50 ・クラス活動(主活動:カリキュラムによる)
・戸外遊び
   
12:00 ・昼食
・年長児はpmに小さな活動
   
13:00 ・自由遊び
   
13:30 ・降園(保護者の迎え 14:00~14:30)、園バス児は順次降園

体育遊び

・本園では、健やかで元気な身体をもつ子どもを育てるために「体力づくり」に力を入れ、専門の体育講師による体育指導を行っています。 毎週、火曜日、金曜日には、「子どもの健康・体力の増進、集団遊びの楽しさ」を基本に、「体育遊び」をカリキュラムに位置づけ、広い園庭やホールで実施しています。

 この「体育遊び」は、子ども達が興味をもって楽しく、基礎体力の向上が段階的に、無理なく図れるように年間指導計画のもとに行っています。内容としては、 「マット遊び、平均台、水遊び、組み立て体操(年長)、跳び箱遊び、鉄棒遊び、縄遊び(長・短)、ボール遊び」等です。6月からの水遊びは、屋上にプールを設置し、クラス毎に行います。

リトミック

 子ども達の持っているあらゆる能力を引き出すための教育として、本園ではリトミックを取り入れています。音楽と動きを重ね合わせるこの活動は心の面にも働きかけ、 自分の気持ちを表現することや、コントロールすること、学年が進んで友達と共に活動する中で、お互いに呼応する楽しさを味わう体験へと繋がっていきます。 この体験は、基本的な音楽能力を伸ばすと共に、身体的・感覚的・知的にも、これから受けるであろうあらゆる教育を十分に吸収し、それらを足がかりに大きく育つための基礎づくりをする教育です。

 本園では、リトミックの専門資格をもつ職員がクラス毎に指導を行い、またクラス担任が日々の活動の中にリトミックの要素を取り入れての指導を行っています。

課外教室

 週に一回、保育時間終了後、専門の講師が各分野の指導を行っています。無料体験も実施されています。
☆ 体操教室
☆ サッカークラブ
☆ バレエ教室

自由遊びとは

 登園後、カリキュラムによる活動が始まるまでの時間、子ども一人ひとりの自由な発想や発見を大事にして遊びを進めています。その中では、宇宙船作りから宇宙ごっこになったり、 友達と迷路を作るのに熱中したり、また、運動会で見た年長組の姿に刺激を受けて運動会ごっこが始まるなど、日々の生活の中からの遊びや、行事・体験から生まれる遊びが毎日繰り広げられていきます。 この遊びは、時には、異年齢交流の場になることもあります。

担任は、遊びの中から育つものを見極め、子ども主体で進められるように援助をしていきます。そして、それらは幼児期に身につけたい「心情・意欲・態度」であり、相互に協力しながら新しく作り出す力、 粘り強さや挑戦する気持ちを育てるための活動の重要な部分となっています。

預かり保育(ありんこ教室)

 保育時間終了後、子育て支援の一環として、保育時間を延長し(時間外保育)、お子様をお預かりしています。保育にあたっては、資格を持った教職員が対応しています。

 きたかしわ幼稚園の「預かり保育」は、「ありんこ」という名称で、子どもや保護者の皆様方に親しまれ、ご利用いただいております。仕事での利用はもちろんのこと、 急な用事が出来たとき、兄姉の授業参観で迎えの時間に間に合わないとき、等で幅広く利用されております。 

曜日: 月曜日~金曜日(18時まで延長可能)
   
時間: 1日保育/17時まで(18時まで延長可能)
午前保育/15時まで
早朝(7:30~8:30)
   

※土・日、祝日、年末・年始、お盆の期間を除いて毎日実施します。
※夏休み、冬休み、春休みについては、時間、料金は別設定となりますので、詳細については幼稚園にお問い合わせください。

年間の主な行事

【1学期】(4月から8月)
  4月 始業式、入園式、保護者懇談会、給食開始、1日保育開始
  5月 遠足、健康診断、避難訓練、保育参観
  6月 家族参観、プール開き、プール遊び、避難訓練
  7月 お泊り会(年長)、カレーパーテイー、夏まつり、七夕の会、個人面談
  8月 (夏季保育)
     
【2学期】(9月から12月)
  9月 保育参観、避難訓練、(新入園児説明会)
  10月 運動会、芋掘り、(願書配布、公開保育)
  11月 バザー、保育参観、(願書受付)
  12月 発表会、クリスマス会、もちつき、個人面談
     
【3学期】(1月から3月) 
  1月 正月遊び、避難訓練、観劇会、小学校との交流会(年長)
  2月 作品展、節分・豆まき、保育参観、(新入園児一日入園)
  3月 年長お楽しみ会、お別れ会、卒園式、修了式

※月の誕生会は毎月実施しています。
※年間計画とは別に、希望者には教育相談、保育参観(定例とは別に、随時)を実施しています。詳細は、幼稚園にお問い合わせてください。
※日常の子ども達及び各行事における子どもの様子については、ホームページで公開しておりますのでご覧ください。

未就園児教室について

子育て支援の一環として、未就園児対象の親子教室を開室しております。就園前のお子様が幼稚園に入園する前に、豊かな育ちを育むことを目的としています。 また、子育ての悩みなどを一緒に考えたり、情報交換できる場でもありたいと考えて実施しています。

(1)こあらルーム~母と子のための2歳児教室
・親子の遊び、音楽遊び、手遊び、運動遊び、教材遊び、プール遊び、砂遊び等
・年間24回
・講師~学研幼児教室専門講師、幼稚園職員

(2)ぴよちゃんリトルコース~母と子のための1歳児教室
・1,2歳児は生活の全てである「遊び」の中で創造力が育ちます。その「遊び」は、第一に「お母様とのふれあい」、そして、他のお友達や家族以外の大人ともかかわりをもち、広がり、お子様の成長とつながります。
・親子遊び、音楽遊び、手遊び、絵本、運動遊び、教材遊びはもちろんのこと、お母様の心のケア、親子のスキンシップを大切に考え、行っています。
・月2回の開催
・講師~学研幼児教室専門講師

補助金について

私立幼稚園に在園する園児の保護者の経済的負担を軽減するために、柏市が保育料、入園料の一部を補助する制度があります。詳細は柏市役所のホームページをご覧下さい。
⇒私立幼稚園就園に関する補助金(柏市役所のサイト)